人気ブログランキング |

better half

jivyivy.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 08日

トラウマ ・ アメグラの「下着」としてのTシャツ

新シリーズ「トラウマ」。

誰もが抱える過去に衝撃を受けたコト、モノ等に対する想い(思い込み)をトラウマと考えて、色々と書き綴っていきたいと思います。

いえ、要するに下らない駄文をつらつらと書くだけです…すみません。

で、今回のお題は「Tシャツ」。出典は映画「アメリカン・グラフィティ」です。
a0182722_2562837.jpg

言わずもがなの名作ですね。アメカジ好きの踏み絵映画の1つです。

62年のアメリカの田舎での一夜が舞台で、所謂「アメグラもの」という括りを生んだ青春ものの元祖で中学の時に観たのでそれはそれは影響うけました。

で、Tシャツです。

自分は白いTシャツは基本下着だと思っていますが、その考えってこの映画から来ています。
a0182722_322818.jpg

もうね、ウットリする見事なネックの締まり具合(笑)です。

ギンガムチェックのBDや、何と言うのか判りませんがロカビリー系のポロ?にも見事に合うネックの高さ。

それまでは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」での50s的な下着が格好いいと思っていたのでこの高さには本物のアメリカを感じました。
a0182722_310479.jpg

a0182722_3103592.png

これはこれでいい感じなんですけどね(笑)

でもでも、本当に、真の意味で、もう一生探すことになるであろう下着が今回のトラウマ。

それがこれ!
a0182722_3134892.jpg

a0182722_314896.jpg

リチャード・ドレイファスのTシャツ!!

この襟の高さは何なんだ?最早これはハイネックでは??この生成りっぽい色は??

もう完全にやられました…トラウマです。

このタイプって今でもあるのでしょうか?現行では無いでしょうからやっぱり復刻モノを探すか古着屋さんをマメにチェックするしかないのだろうか。

少なくともレプリカでは今まで見たことはないんだよなぁ…やっぱり古着?

フェイクαさんあたりには有ったりするのだろうか?

もうね、このマドラスチェックのBDもそうですけどこの格好凄く真似してました(笑)高校生の夏は完全に自分はリチャード・ドレイファスでしたから(笑)

でも首元は真似出来なかった…うーん…やっぱりトラウマですね。

by looseends | 2014-02-08 03:27 | 好きなもの | Comments(9)
Commented by me-ness at 2014-02-08 13:35
高校生の夏は完全に自分はリチャード・ドレイファス!!シ、シブい!!
『張り込み』が大好きで何度も見ました。あの中の音楽もゴキゲンでした。ステーブ・ウィンウッドが特に!
自分の高校時代のファッション・・・うーん、ラグビーばっかで、泣き虫先生のようだったかも。苦笑
ただ靴だけは、Dr.martensやtop sider履いてました!
Commented by looseends at 2014-02-10 13:09
福士さん、い、いや…あくまで気分の問題ですから(笑)
マドラスチェックのBDシャツもパンツも靴も全くの安物でしたのでご容赦下さいって感じです(笑)
泣き虫先生!格好いいですよ!!
僕もあのブレザー姿は大好きでした!!…え?違います?
Commented by Kent Space at 2014-02-11 14:48 x
当時VAN・Kentに夢中でしたので、公開初日に観に行き、その後何度も観賞しましたが、BDシャツの襟元から白いTシャツをいかにしたらカッコ良く見せられるか競ったものです。
当時の日本製下着シャツでは、ネック部分にシマリがなく「いかにも下着がちょろっと覗いてる」状態になってしまうため苦労しました。
当時既に日本で製造していた米国のB社製Tシャツも、おろしたてはまだしも何度か洗濯しているとネック部分がよれてしまい、イマイチでした。
そして探し当てたのが、米国JOCKEY社製の”ハイネックタイプ”というTシャツで、これは米国の軍や警察などユニフォームシャツを開襟で着用した場合、襟元に必ず覗かさなくてはいけない職業の人達”御用達”ということでしたので、直ぐに飛びつきました!
東京ではアメ横の『玉美』さんで購入できましたが、その後入荷しなくなり、10年前位に復刻したのですが、現在では販売してないようです。(続く...)
Commented by Kent Space at 2014-02-11 14:50 x
(続き....)現在JOCKEY社のHPには、Mock Neck T-Shirtというタイプが載っていますが、ハイネックタイプよりネックの幅が広すぎるような.....説明には「ユニフォームの下には最適です」となっています。
ちなみに”アメグラ”公開当時に我々の間で、話題になり確認のため再度映画館に駆け込む出来事がありましたが、偶然にもlooseendsさんの掲載したリチャード・ドレイファスの公衆電話シーンに現れていました.....それは、Tシャツのネック部分真中あたりに縦の縫い目が2本確認できるのですが、これは、Tシャツを『後ろ前』に着ているため、メーカータグの縫い目が見えていたのでした。我々の間では、カッコ良く見せるためには『後ろ前』に着るのがナウい(古ッ)のだとばかり、次に、このTシャツのメーカーは?となり、この位置にタグを縫い付けているのはB社だ!、イヤH社だ!などと、騒いだものでした。
いやはや、懐かしい......今夜DVDを観返してみますか......。
Commented by looseends at 2014-02-12 09:06
kentさん、有難う御座います。
そうでした!軍や警察のユニフォームの開襟シャツの下着も要チェックものでしたよ!あの真っ白な清潔な感じが格好良かったんだよなぁ。「カラーズ」のショーン・ペン格好良かったっす(笑)
で、ジョッキーのTシャツですが、kentさんの仰ってるものは持っていませんでしたがライセンス生産の?日本製ジョッキーのものは愛用していました。昔、所ジョージさんが愛用していたものでやはり「玉美」さんで売っていたのですが生産中止になりもう手には入らないみたいです(泣)まぁ1枚入りで結構高価だったからなぁ…手元に2枚しかないけど、これが個人的に現時点での最高のネックの締りと袖の短さなんだよなぁ。うん?10年前の復刻ってこのことではないですよね??
ヘインズにBVDにフルーツ~等など色々試したのですが、今のところはジョッキーのモックネックのMサイズ(仕事ではLサイズ)を着て身体はピチピチ状態でもネックの締りを優先しています(笑)
先日、「玉美」さんに入荷したTシャツで良さそうなのがありましたので試して見たいと思いますね。
Commented by looseends at 2014-02-12 09:13
(続き)しかし…このドレイファスのTシャツは異常なハイネックですよね…。kentさんの言う「後ろ前説」も十分考えられます…確かに縦に縫い目があるし…。
それでも高い、高すぎる!!
Commented by Kent Space at 2014-02-12 16:09 x
さすがに、当時のJOCKEY社製Tシャツは残っていませんが、包装紙の裏面コピーライトマーク(丸にC)横に1998と表記されているものと、復刻版(2002と表記)の未使用を保存していました。
確認してみると、1998表記版は(株)ダイワボウ、2002表記版は(株)JC Limitedが提携した日本向けバージョンで、両方とも中国製造となっています。
余談ですが、20代の頃、お堅い?勤務先で、夏場にネクタイを外しBDシャツからTシャツを得意気に覗かせていたら、上司から「○○君、下着が見えてるよ」と小声で注意され、落ち込んでしまったのも、今では良き思い出です。
Commented by Kent Space at 2014-02-12 16:15 x
(続き)当時、このTシャツのネック部分の広いリブ幅や形状は、B社製もF社製も及ばず、輸入品のH社製が一番リブ幅が広かったため、これのワンサイズ下を『後ろ前』に着ると、映画のような『高~い』状態になり、得意顔?で闊歩した思い出があります.....。
Commented by looseends at 2014-02-13 08:35
JOCKEYって割と古着でもデッドで出ることが多いので注意してチェックしてみます。
あ、その前に現行モックネックのMサイズを「後ろ前」で着てみないといけませんね!!
有難う御座いました。


<< 巨星堕つ      カリモク60 >>