人気ブログランキング |

better half

jivyivy.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 05日

マックィーン・マニア分類学

①リアルタイム派
大脱走以前、つまり拳銃無宿でのブレイクからマックィーンを追いかけている人達。
世代的にマックィーンを通してアメリカへの憧れを投影してきた為、彼だけでなく同時代のハリウッドスターへの造詣は深い。遺作「ハンター」での病に冒されているマックィーンを見るのが辛く、実はあまり観てはいない。

②マッドガード派-1
マックィーンのファッション・センスにやられた人達。
古参マニアは少ない情報の中、「スクリーン」や「映画の友」などの映画雑誌に載っているマックィーンの写真を眺め少しずつではあるが知識を深めていったと言う。
ちなみにマックィーン・パンツの命名も彼らであり、ブランドをリーバイスと特定して古着屋で探し出しいち早く愛用していたのも彼らである。現在のマックィーン・スタイルの礎を築いた世代と言える。

③マッドガード派-2
2000年にウイリアム・クラクストンが発表した写真集「steve mcqueen」に衝撃を受けた第2世代マニア。
a0182722_12543286.jpg

この本は第1世代が目を皿にして探していた彼のプライベートフォトを一冊に、しかも大判で纏めた画期的な作品であり、この本によりマックィーンは「king of cool」の称号を揺るぎ無いものにし、その魅力をリアルタイムに彼を知らない若い世代にも広げた。
事実2000年以降、マックィーンをファッション・アイコンとして紹介する雑誌も出てくるようになり没後20年が過ぎ、どちらかと言えば忘れられた過去のスター扱いであった彼をまた第一線に復帰させたのだからファッション業界から火がついたとは言え一過性のブームでは無かったことが現在証明されている。
第2世代マニアはこの写真集を読み込み、第1世代から教えを請う傍らインターネットを駆使し広く情報を得ている。しかしまだまだマイノリティーである為、一般的には家人及び友人達にはその情熱を理解して貰えないのが現状である。

ちなみに筆者もこの分類であるが、周囲に全くもって理解されていない。

④マッコイズ派(大脱走派とも)
リアルマッコイズが展開していた(現在はトイズマッコイが展開)大脱走でのマックィーン・スタイルに影響を受けた人達。
所謂、A-2フライトジャケットに七分袖スウェット、細く改造されたチノパンにタイプⅢブーツという劇中衣装が精巧に再現されて販売されておりこれに魅せられたマニアで構成されている。
映画の人気を受けて、これら復刻品も世界的に高く評価されており90年代から連綿と続くこのシリーズからマックィ-ン・マニアとなった者も多く、その業績は計り知れない。

⑤on any sunday 派
ヴィンテージモトクロス(V.M.X)派ともいわれる、文字通りヴィンテージバイクを駆り泥だらけになりながら草レースを楽しむ人達。
知っての通りマックィーンはバイクを趣味としており、週末ともなればトライアンフ等で走り回っていた訳だがそれをまんま現代に復活させて趣味としているマニアである。
近年急速にその勢力を伸ばしており、いい大人達が本気で泥だらけになり楽しむ姿は非常に魅力的である。マックィーンの精神を最も濃く受け継いでいる一派かも知れない。

⑥ラストマイル派
最も新しい一派。
a0182722_12535880.jpg

晩年のマックィーンの姿を纏めた写真集「the last mile」に影響を受けた人達。
そのスタイルは60年代ではなく70年代後半の為、所謂定番的なアメカジがベースになり現代に近いアメカジと言える。トイズマッコイからもこの写真集に範を取ったアイテムが多くリリースされているのも大きな特徴。まだまだ新しくこれからの感は否めないが場合によっては一大派閥にオオバケする可能性もある。






以上、ダラダラと書き連ねてしまい申し訳ありませんでした!!
あくまで個人の妄想ですのでお許し下さい。
あ、でも皆さんのご意見聞きたいかも(笑)


by looseends | 2013-09-05 12:55 | マックィーン | Comments(2)
Commented by コルトDB  at 2013-09-25 22:42 x
こんばんは、マックィーン分類学、面白いですね。

まだもっと分類できそうですが、ブリット派は何処に?(笑)大脱走派があってブリット派が無かったので気になりました(笑)

私は、この中では③の分類に入りますが、それとこのクラクストンの写真集はそれまでの大脱走等、マックィーン=ミリタリーのイメージから、マックィーン=60年代スタイル、ivy、アメトラ、ブリット等のイメージをよみがえらせる事が出来ました!それ位の影響力があり、今もなお、これを超える写真集が有りませんよね!

G9、ヘリンボーンのツイードのジャケット、マックィーンパンツ、マッドガード、ショールカラーカーディガン、ペルソール等...どれも真似したくなるスタイルばかりですね!ところが私の周りにもこのカッコ良さを分かってもらう人がいません...でも自己満足でもいい~んです...よね!?(笑)
Commented by looseends at 2013-09-27 13:31
コルトさん、有難う御座います。
ヤベッ!ブリット派忘れてましたよぉ…。
確かに自分も一番好きなマックィーン作品なので何故思い浮かばなかったのか分からない(笑)
そして仰る通り、クラクストンの写真集は自分にとってもマックィーン=マッコイズ野朗、という図式を大転換してくれた作品でした…。
うーん…この分類学、改訂版書くかな(笑)


<< 奥様へお願い      UNSEEN MCQEEN >>